« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月19日 (火)

フンボルトペンギンができるまで

紙に命をふき込む
フンボルトペンギンができるまで

紙工作作家ごとうけいが、ペーパークラフトの展開図をどのように制作しているのか。
モチーフとなる動物の取材からできあがりまでをご紹介します。

これは、過日開催された展示会にて上映された映像です。
東京都葛西臨海水族園 本館2Fレクチャールーム 冬の企画展
ごとうけいの紙工作 いきもののかたち 紙のすいぞくかん
2012年12月13日〜2013年1月15日

企画・製作・協力:東京動物園協会・葛西臨海水族園

せっかくたくさんの方の力をお借りして制作した映像なので、公開しちゃいましょう。
もちろん葛西臨海水族園の許可はとってますよんcatface
ちゃちゃっと出来ていくように映っていますが、下準備と辻褄合わせに結構時間かかってます(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

びっくり

Fan_kirin

千葉県Kさんより画像をお送りいただきました。
1090mm×610mmの紙で3枚分の大きさになる特注仕様の展開図を使って作られたアミメキリンですよhappy02
できあがりの高さは95センチくらい。左側ソファの上にいるのがレギュラーサイズ。比べるとその大きさがよくわかりますね。
ボクが想像していたよりも断然上手に的確に作ってあってホントびっくりしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 8日 (金)

道具のはなし(5)〜フィットカットカーブ使ってみた〜

Fitcut_curve

新開発のベルヌーイカーブというカーブ形状の刃によって、根元から刃先まで軽くなめらかな切れ味を実現。というふれこみで、
日経トレンディの2012年ヒット商品ランキング5位となって話題に上ったPLUSのハサミです。
紙工作には必須アイテムのひとつであるハサミのことだし
その切れ味、ずっと気になっていたのですよ。

紙工作用途として使ってみた感想としては
確かに従来商品よりも刃先部分で切りやすい。
紙を切り込んでいく過程で、刃先まで神経をつかってゆっくりと丁寧に切りやすくなっていると思います。カーブ形状の刃によって力のかかり具合がうまくいっているんですね、きっと。なかなか良いですよgood。ただちょっと刃の合わせがボクにはキツめかな。


そこで、手元にあった同価格帯の商品でその違いを比較
Fitcut
今回エントリーしたのは
(左)KOKUYOのエアロフィット グルーレス 定価420円
(中)PLUSのフィットカットカーブ イージーグリップ フッ素コート 定価420円
(右)PLUSのフィットカット イージーグリップ 定価420円

ボクの個人的な感想としては
全体的な切れ味の軽さでいったらエアロフィット。
刃先の切れ味でいったらフィットカットカーブ。
普段使いにはフィットカット。
もちろんロットによる個体差や使用時間・方法にもよるので、これはボクの手元にあるモノのなかでの比較です。


と、いろいろ感想を述べつつもボクがいつも使っていてオススメなのは
【DAHLE】スーパーシザーズ50007 (18cm)というハサミ。

過去記事を御参照くださーい。
18dahle_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 7日 (木)

手のひらの水族館増刷されました!

Tenohira_suizoku
しばらくのあいだ絶版状態が続いておりましたが、このたびめでたく重版されることとなりましたよーhappy02
このご時世、あんまりたくさん刷れないみたいなので、ご希望の方はお早めにっ。

手のひらの水族館 さかなや海のどうぶつ紙工作BOOK
紙で作るリアルでキュートな動物たち。切り取って作れる型紙(カクレクマノミ・イバラタツ・アマガエル・ホッキョクグマ・イロワケイルカ・アジアアロワナ・子ラッコ・オウサマペンギン・イッカク・ジンベエザメ)10種付。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月 6日 (水)

東武宇都宮にて

とある御婦人から
「昔ジオ・ワールドという雑誌に付録で付けられていませんでしたか?」と尋ねられました。
確かに10年ほど前、ボクはその雑誌にどうぶつ紙工作を連載していたのでそのことを伝えると、
「息子は動物が大好きで、工作も夢中になって作っていました。今でもずっととってあると思います。現在は那須どうぶつ王国で飼育員をやっているんですよ。」と教えてくださいました。
ボクのしていることが役に立っていたんだと感じて、とても嬉しくなりました。


ジオ・ワールド
ナショナル ジオグラフィックのジュニア版。
1999年〜2003年まで新学社より日本版が出版されていました。
そこでボクは年5〜6本のペースでどうぶつ紙工作の連載を担当していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮といえば

餃子だよねー。
ということで、東武の店員さんにリサーチ。
すると、“宇都宮で餃子のお店というと「みんみん」さんか「まさし」さん”とのこと。でも、どちらも道順説明しづらい場所にあるのよねー、と困り顔。ところがどっこい、ボクにはiPhoneちゃんがついているのだ!どーんと来いっ。サクっ?と行って参りましたよhappy02

こっちが「みんみん」
Minmin_t

Minmin_s
焼餃子、水餃子、揚餃子、ライスとビール。
大衆定食屋さん的店構え。土日行列。

お次は「まさし」
Masashi_t

Masashi_s
メニューは焼餃子と水餃子のみ、という専門店のこだわり。
超路地裏の小さめ店舗。餃子を焼くオヤジさんの眼光鋭い(笑)。
いつ行っても行列か閉店。
ゆで汁に浸かった水餃子に直接醤油とお酢、ラー油をかけて食べるってこと、はじめて知りました。これって常識?

「みんみん」「まさし」どちらも店舗展開されているのですが、本店はご近所さん。そしてどちらも営業時間20時までとなっているのに「まさし宮島店」のほうはたぶん19時くらいには閉めちゃっているみたい。仕事の休み時間には行列が長くて断念したり、仕事終わってからだと営業終了してたりで、なかなかたどり着けなかったよーcrying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »